分科会E:
エシカル消費という投資で世界を変える
 個人消費が国内総生産(GDP)に占める割合は5割以上。
 つまり、世界で最も大きな力を持つ投資家は、実は「私たち一人ひとりの消費者」なのです。お金を払った先に想いを馳せる創造力と責任感を持って商品を選ぶことで、地球環境を守り、社会にある様々な課題を解決することで、これからの子供たちが豊かに平和に暮らしていけるような未来の姿を決めることができる。
 この分科会では、日本では報道されることの少ない世界の現状とエシカルビジネスの現場などを通じてエシカル消費の本質について議論していきたいと思います。
 この分科会が、皆さんにとって未来に向けた潜在的なパワーを見出すきっかけとなることを願っています。
分科会E.jpg