2021.3.29(月)15:00~18:00 国際女性記念の年に寄せて(ウェビナー)

 コロナ禍における女性のエンパワーメントの必要性と重要性に鑑み、「国際女性記念の年に寄せて」を外務省がオンラインで開催します。ポスト・コロナ時代における「より良い社会づくり」のためにどのような方策を講ずるべきかについて、「女性のエンパワーメントと社会」「女性とスポーツ」「女性の平和・安全保障への参画」の3つの観点から、国内外の有識者をお招きし、各分野のパネリストによる議論を企画しました。女性も男性も生きやすい「誰もが取り残されない」社会のあり方を、国際女性記念の年に寄せて、皆様と共に考えたいと思います。


日時:2021年3月29日(水) 15:00~18:00

場所:ZOOM(オンライン)※事前予約制 

参加費:無料

参加者対象:年齢・性別不問


内容

開会挨拶 15:00~15:15

開会挨拶:西村篤子

    (外務省参与、女性担当大使)


パネルディスカッション01 15:15~16:05

「女性のエンパワーメントをよりよい社会の原動力に」


モデレーター:塚原月子

      (株式会社カレイディスト代表取締役、G20/EMPOWER日本共代表)

パネリスト:林伴子

     (内閣府 男女共同参局長)

      アキレス美知子

     (SAPジャパン株式会社人事戦略特別顧問/横浜市参与、G20/EMPOWER日本共同代表)

      ペールエリック・ヘーグベリ

     (駐日スウェーデン大使)

      ダグラス・ハイマス

     (ニューヨークメロン銀行 在日代表カントリーエグゼクティブ 兼 東京支店長)



パネルディスカッション02 16:05~17:00

スポーツ界における女性のエンパワーメント


モデレーター:石川雅恵

      (UN Women日本事務所長)

パネリスト:岡島喜久子

     (WE リーグチェア)

      オユンバット・ナサンバット

     (アジアパラリンピック委員会女性スポーツ委員会議長)

      ローランス・フィッシャー

     (フランス共和国スポーツ担当大使)

      宮嶋泰子

     (スポーツ文化ジャーナリスト、カルティベータ代表)



パネルディスカッション03 17:00~17:55

女性・平和・安全保障ってなに?


ビデオメッセージ:ジュリア・ロングボトム

        (駐日英国次期大使)

モデレーター:大崎麻子

      (Gender Action Platform理事、関西学院大学客員教授、外務省「女性、平和、安全保障に関する行動計画」評価委員会委員)

パネリスト:安井浩美

     (共同通信社カブール支局通信員)

      ムハンマド・ナシリ

     (国連女性機関アジア太平洋地域事務所長)

      パトリシア・フロア

     (駐日欧州連合大使)



閉会挨拶 17:55~18:00

閉会挨拶:西村篤子

司会:石川真由美

  (外務省総合外交政策局女性参画推進室長)


申し込み方法:「国際女性記念の年に寄せて(ウェビナー)」参加者募集|外務省 (mofa.go.jp)

申し込み締め切り:2021年3月29日(月)~15:00

主催:外務省





45回の閲覧0件のコメント